CAD鉄 Meetup

はじめに

このたび、CAD鉄初となるミートアップイベント「CAD鉄 Meetup」を開催する運びとなりました。

通常のワークショップやセミナーとは違い、3Dモデリングを鉄道模型に活用しているモデラーの皆様のプレゼンテーションを中心に、技術交流をしていただけるイベントとなっております。

第1回目となる今回は”Remo Conference”というオンラインシステムと、”Solid Edge Portal”という3Dデータ共有サービスを活用し、すべてオンラインで行います。

 

昨年からミートアップのご要望や構想はありましたが、この度Twitterにて活躍されているモデラー さkaす氏(@sakasuno2000

)からのご提案により、ミートアップの企画が実現いたしました。

皆様のご参加をお待ちしております。

ミートアップ概要

日時:2020年8月22日 (土) 14:00〜16:00

 

参加費:無料

定員:先着200名

事前の参加申し込みが必要となります。

開催方法:オンライン(Remo  Conference

主催:CAD鉄Meetup 準備委員会 Mail:info@cadtetsu.jp

協賛:SK本舗(https://skhonpo.com

 

Remo Conferenceというオンラインサービス上でミートアップを行います。

参加にはRemo Conferenceのアカウント作成が必要となります。

アカウントの作成方法は本ページ下部にあります「Remo Conferenceマニュアル」1.1〜1.5をご覧ください。

 Remo Conference(オンライン会場)のイメージ

詳しくはミートアップ参加方法をご覧ください。

ダウンロード
ミートアップ参加方法
ミートアップ参加方法.pdf
PDFファイル 1.6 MB

スポンサー情報

プログラム

 

13:45 開場
14:00

 イントロダクション

14:15

ゲストプレゼンテーション

(1) すずめ模型 「3Dプリントの可能性に挑戦!複数素材の組み合わせで鉄道模型を作る」

(2) 永井上石神井車輌工場 「Phrozen shuffle模型鉄」

(3) T356X 「部品の歪みと破損のリスクを抑える出力方法について」

15:10 交流会
15:30

ショートプレゼンテーション

(1) 懐屋 敏悟 「3D-CAD・Fusion360モデリング第1号(1/80・能勢電鉄610系クハ671号)」

(2) makita koudai 「小学5年生モデラーが作る!水戸岡鋭治デザイン817系の優れたデザイン」

(3) アスパラ 「ALFA-X製作記」

15:55 クロージング
16:00 終了予定

※途中での入退場が可能です。

※上記プログラムは現時点での予定です。プログラムの進行上、時間が前後することをご了承ください。

ゲストプレゼンター

すずめ模型「3Dプリントの可能性に挑戦!複数素材の組み合わせで鉄道模型を作る」

 すずめ模型

Twitter : @st_model8

好きな鉄道模型:実験車 / 試作車(9から始める車両)

使用しているCADソフト:Fusion360、3D Builder

3DCAD歴:3年

作っているもの:鉄道設備からリニアまで欲しいものを作っています。


永井上石神井車輌工場「Phrozen shuffle模型鉄」

 永井上石神井車輌工場

Twitter : @Kenta12767787

はじめまして、永井上石神井車輌工場と申します。Nゲージの車両とストラクチャーを3Dプリンターで作成しております。

 使用ソフトはFusion360、使用プリンタはPhrozen suffle及びPhrozen sonicです。

 よろしくお願いいたします。


T356X「部品の歪みと破損のリスクを抑える出力方法について」

 T356X

Twitter : @T356X

T356Xと申します。タンク車を中心に、貨物系の模型を製作しております。


懐屋 敏悟「3D-CAD・Fusion360モデリング第1号(1/80・能勢電鉄610系クハ671号)」

 懐屋 敏悟

Twitter : @72kashiya

ツリカケ電車やVVVF前の昭和の懐かしい電車が好きで、HOゲージを中心に小田急や東急など真鍮キットの工作やペーパーでの工作を楽しんできました。2年前に3D-CADに初めて出会い興味を持ちましたが、小さなことで躓いてしまい放置していました。今春の緊急事態をきっかけにテキストでFusion360を学び直し、1/80で能勢電鉄610系クハ671号をモデリング致しました。台車まで完成できたらと思っています。よろしくお願いいたします。


makita koudai「小学5年生モデラーが作る!水戸岡鋭治デザイン817系の優れたデザイン」

 makita koudai

 

小学5年生です。一昨年のCAD鉄大阪と、昨年の渋谷に参加しました。fusion360勉強中です。

学校の夏休みの読書感想文の題材として、「水戸岡鋭治 鉄道デザインの心」を選びました。fusion 360で817系モデリングし、この車両の良さを発表したいと思います。よろしくお願いします。


アスパラ「ALFA-X製作記」

アスパラ

 Twitter : @77ASParashic

鉄道デザインが好きでイラストを描いたり模型を作ったりしています。もともと3DCADが好きで3年前に行ったCAD鉄MeetupをきっかけにCAD鉄を始めました。かっこいい電車か速い電車ならだいたい好きです。よろしくお願いします。


プレゼンターの募集は終了いたしました。

 

参加申し込みフォーム

参加申し込みは締切りとさせていただきました。

なお、Meetupの一部を後日アーカイブ配信する予定です。詳しくはCAD鉄Webサイトをご覧ください。

参加に必要なもの

[必須]

・PC

・ネット環境

・マイク、webカメラ

[推奨]

・マウス

・スマートフォン

・サブディスプレイ

※3Dデータを別画面で見ながら参加するために、サブディスプレイやスマートフォンがあると便利です。


参加のイメージ

マニュアル

参加者の方は、事前にマニュアルを熟読してご参加ください。

Remo Conference

ダウンロード
Remo Conferenceマニュアル
マニュアル_Remo.pdf
PDFファイル 3.0 MB

Solid Edge Portal(3Dデータ共有サービス)

ダウンロード
Solid Edge Portalマニュアル
マニュアル_SolidEdgePortal .pdf
PDFファイル 2.2 MB

お問い合わせ

本ミートアップに関するお問い合わせ、取材のお申し込みなどについては「CONTACT」ページよりご連絡ください。